×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。


★活動まぜこぜログ★
<フレーム表示>


★LOiD-02 -electronica- LOiD's TECNiCA
-LOiDレーベル(03/17/2010)

LOiD-02アマゾる
お待ちかねのLOiDコンピ第2弾です!
今回も1曲参加させていただきました。
二枚同時発売ですが、electronicaのほうです。
<もうとっくに発売してます(03/17/2010)、今更ながらゴメンナサイヨ>

曲名は「♪・de・LIC」です。
とりあえずおんぷでりっく、と読んでいただければ(ぇ

多様な曲調を、まぜる、でなく切り替えていく作戦で臨んでみました。
結果、シーク位置によって違う曲に聴こえるカオスを形成w
と、いうのは表向きの表情。

たぶん(特に盤面では)これやった人って少ないんじゃないの?
というようなギミックを仕掛けちゃった、
仕掛けちゃってマスタリング時にでっかい迷惑をおかけした問題作です。
twitterなど見ると気づかれた方も何人か…
出し惜しみするような事でもないけど知りたい人なんているかしら。

誰得だって?俺得さ!やりたかったの!ごめんなさい!


Flashの超カッコイイ公式特設ページ↓↓(視聴もあるよ)
LOiD特設ページへ




★NESynth(iPhoneアプリ)
-NewForestar様(08/06/2009)

NESynth-opening公式サイト

一見、TempLaSynthを作った経験を生かし(?
iPhoneアプリ開発に挑戦!みたいな感じのシンセアプリです。

個人としては音源全般の開発に参加しました。
簡単に言えば、TempLaSynthの機能の一部をiPhone用に特化させた、てな感じです。
とはいえゼロから書き始めたし、言語もC++からobjective-Cになってるので
別物と言えば別物。むしろ強化された面もあり。

ある日ニューフォレスターの社長さんとめぐり会い、ファミレスで死ぬほど話に花が咲き、
気が付いたら出来上がっていた!というのが実際。
いたるところで「狂気の…」的なレビューがありましたが、  けっこうあってる

むしろ音源以上にインターフェースにこだわりが見られるというか、
シンセサイザーなのにオープニング画面があり(!)
テーマ曲が存在し(!)
さらにその曲は、かのDenkitribeさんの提供という(!)
しかもアップデートでムービーまでついちゃった(!)
まさにビックリ仰天玉手箱の数珠つなぎ連チャンというか…

とにかくゲームに対するアッツアツの愛が溢れんばかりのシロモノでございます。
そして、Denkiさん、星野社長と一緒に

ASCii さんよりインタビューされました。


Denkiさんによる超カッコイイNESynth使用ムービー↓↓







★LOiD-01 -LOiD's LOGiC-
-LOiDレーベル(07/08/2009)

LOiD-01あー まぞーん!

LOiDコンピの第一弾です(以下当時の記事より)。
このアルバム、クラブ系ミュージックという括りではありながら、
10人のクリエイターさんがそれぞれの持ち味を存分に発揮されております。
楽曲ごとにベクトルが全然違って、不思議にバランスがとれてる。飽きないよ!
すごいカッコイイ1枚になったんでは、と思います。

るっちゃんは「ventilator」という曲で参加。
曲名の意味は英和辞典を引こう。うそ。
直訳は「換気扇」。それと「問題を世に訴える人」みたいな意味もあるみたいだぜ。
二つの意味の繋がりは分かる気がするけど、でも相反した感じがするねー?
そんな曲にしたつもりである。(そんなってどんなだ
ほっとしたりえげつなかったりするんだよきっと。

しっかし、そもそもクラブサウンドってどんな?
ってくらい聴きこんでない分野だったもんで、企画を聞いた時は正直焦った。
で楽曲制作は試行錯誤の連続。がんばったがんばった。搾り出した。すくいーず。
なんとか自分の色を入れようとして、色々加算しまくって、
結果すっごいマーブルなものが搾り出されたみたい。
このマダラな感じが逆におもしろいかもね。
だからあんまり厳しい目で見ないでおくれよ…
あ、厳しい耳で聴かないでおくれよ…

詳細はLOiDに。
当時の記事へ。
視聴はLOiD旧ページにありました →ココ←  リンク張っていいのかな?






●TempLaSynthesizer (AudioUnits(Mac)プラグイン)
(12/27/2008)

TempLaSynthesizer特設ページ
(画像クリックで拡大)

ずっとベータのテンプラシンセ。
ベータとはいえ、決定的に足りない機能とかは特になく。
これだけを(複数)使って曲作った事もありますよ。ただ重い…
トラックフリーズ、部分ミックスダウン等必死こきましたが
使えないことはありません(キリッ

その時の曲「zzz」→LOiDイベント用コンピレーション(11/24/2008)

詳細は特設ページへ。
せめて重さは改善したいなあ…
ただ、一番の問題はAudioUnits(Mac限定)である点だった。





--以下、過去の活動まとめ(各リンク先に視聴 があるよ)


★ピコ萌え!Future8bitシリーズ3 8bitで未来旅行
-Hatch Entertainment様
ピコ萌え3公式 ページへ
・ある日突然お誘いを受け、諸事情あって制作期間が一週間だったのはいい思い出。
思い出補正が強力なチップチューンって、音源の忠実再現以外にも可能性があるよね。
「Welcome!」の一曲参加です。


★ピコ萌え!Future8bitシリーズ1 リアルアイドルアニメソングス
-Hatch Entertainment様
ピコ萌え1公式ペー ジへ
・ある日突然お誘いを受けたアニメソングの8ビットアレンジアルバム。
音源の仕様縛りから解放されたピコピコって実は貴重では?
「タッチ」、「うれしい予感」の二曲参加です。


●風神録六録
風神録六録特設ページへ
・東方アレンジパート2。今回は風神録ボス曲で7曲+α。
もういにしえの作品と言えますが、在庫がなくなるまで
機会があればイベントに持っていくつもり。毎回大幅下方修正される価格。
またいつか何も考えず東方アレンジして遊びたいなぁ。


●TH2TH
TH2TH特設ページへ
・東方+TH2アレンジ。各4曲の8曲。
もう自分の中では化石化し忘却の彼方へ消えつつあるものの、
思い出の初公開CDでもあるので在庫があるうちはイベントに持っていきます。
つまりモノ好きへ。